イギーポップとThe Stoogesの話 その2

前回のつづき。

そんなこんなで。
1977年のソロアルバムまで話しましたが、
私のなかではその後の辺りはあまり詳しくまだ開拓していないので、
いきなり話が飛びます。

映画の話。

もうすぐ、
「Gimme Danger」が日本でも公開になります。
The Stoogesのドキュメンタリー映画なんですけど・・・

監督はジム・ジャームッシュ!!!

ジム・ジャームッシュといえば!
「コーヒー&シガレッツ」には、イギーがイギー・ポップとして出てるよね。
公開当初に見たときは、イギー・ポップって名前を聞いたことあるくらいだったから、
正直イギーが出てる話の面白さが今ひとつ分からなかったのだけど、
イギーのことを好きになって色々知った今見ると、
面白い。
イギー可愛い。

ジム・ジャームッシュの作品では「ストレンジャー・ザン・パラダイス」が最近見て良かったけど、
私のなかでは
「デッドマン」
がやっぱり一番好き。

で、久しぶりに「デッドマン」見てわかってんけど、
この映画にもイギー・ポップ出てるやん!
・・・知らんかった。
なかなか、いい味だしてます。
動きが面白い。

さて、
じゃあ今回のジム・ジャームッシュによるイギーは、The Stoogesは、
どんな風になっているんだろう。
楽しみだ。。。

予告編を見ただけでもドキドキワクワクする。



# by hikali9624 | 2017-08-22 20:38 | レコード・音楽 | Comments(0)

イギー・ポップとthe stoogesのこと

久々に、急激にハマったバンド、それは、
the stooges。

知っている方には「なんで今更」でしょうけど・・・。

今、「1969」(the stoogesのファーストアルバム1曲目)から50年近くも経っている2017年に、
やっと私のところにthe stoogesが降ってきた。

ボーカルのイギー・ポップという人はなんとなく知っていて・・・
といっても、映画「トレインスポッティング」の主題歌や、
ジムジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」に出ていたということくらいで。

applemusicで、ソロになってからのアルバムをちょっとだけ聴いてみたことはあるものの、
そのときはそんなにグッとくるものが私には感じられなかったんだよね。

ところが。

この映像をふとしたきっかけで見たことで凄い衝撃が!



2004年に来日したときのものなんですけど、
これで私のなかのイギー・ポップの認識ががらっと変わり、
急上昇したのです。

で、イギー・ポップやstoogesについて調べてみてわかったこと。

パンクロックといえば、
セックス・ピストルズ、クラッシュ、ラモーンズ、ダムド、などの1970年代後半に起こったムーブメント、
私は、この頃に生まれたロックの形態かと思っていたのですが・・・

それよりもっと前に!
しかも世間がヒッピー文化とかラブ&ピースとか言っているときに。
ウッドストックのイベントが行われた頃。
サイケデリックポップとかの頃?
ビートルズは「Come Together」や「Get Back」をヒットさせ、
ストーンズはブライアンが亡くなったりオルタムントの無料ライブで色々あったりしたものの、年末には
名作「レット・イット・ブリード」をリリースしている、
そんな1969年に。

「I wanna be your dog! Come on!」とか歌っている、もはやわけのわからないほど
パンクな人達がおったのです。

そう、それがパンクロックの元祖とされているthe stooges。
あと、MC5とかも並んでそう言われたりしています。

1969年に既にこんなにパンクなバンドがあったんです。

でも、
売れたかっていうと、
当時は全然・・・・
デビューアルバム『the stooges』は、全米最高106位、2作目の『Funhouse』はもっと売れなくて、
レコード会社から見放されたらしい。

で、ドラッグにはまっていったりで活動休止状態だったのを、
どういうわけか、かのデヴィット・ボウイが救いの手を差し伸べて再度the stoogesを
(メンバーが入れ替わったりして「Iggy and The Stooges」というバンド名に変わってだけど)、
再結成させて作ったのがボウイプロデュースの「Raw Power」。

しかしこれもまた売れなかったらしい。
で、またレコード会社から契約解除されて解散。

そんなわけでThe Stoogesの歴史は当初全然華々しくない。
ヒットチャートなんか無縁。
でも、イギーの激しいライブパフォーマンスはもちろんこの頃からで、
伝説として聞いたことしかないけど、
割った瓶のガラスの破片が落ちているステージに転げ回って血だらけになったとか、
ピーナッツバターを体中に塗って客席にダイヴしたとか、
そんなこともやっていたらしい。

ちょっと時代の先を行き過ぎたのか、
当時は知る人ぞ知る・・・的な存在だったようですが、

1977年頃のパンクロックムーヴメントでは、
その主流となったアーティスト達は皆、「the Stoogesに影響を受けた」と言っているんですね。
たくさんのバンドがstoogesの曲をカヴァーしているし。
イギーが「パンクのゴッドファーザー的存在」と言われていたりする。

そして当のイギーはその頃なにしてたかというと、
再びデビット・ボウイの協力のもとソロでアルバムをリリースしていて。
今回は商業的にも成功を収めたようです。
あの有名な「Lust for life」もこの年のアルバムですね。
表題曲の「Lust for life」は、私はトレインスポッティングの映画が作られた当時の曲(1996年頃)だと
思っていたのですが、それより20年も前に発表された曲だったんですね。

「ザ・パッセンジャー」とかも今聴くと素晴らしいのですが、
パンクロックという感じではなく。
相変わらず、驚くほど少ないコードでシンプルでストレートなところはそのままですが・・・
低音の美しい声。
もはやパンクが流行ったときにはもう別のところを目指しているのか、イギー・ポップ。

長くなったので次回に続きます。






# by hikali9624 | 2017-08-20 13:04 | レコード・音楽 | Comments(0)

もりくま

e0358976_07214919.jpg
クレヨンでおおまかな下絵を描いて、その上にアクリルで色を載せました。

これは、肩の力を抜いて楽しんで描けた感じです。

もりのくまさん。

# by hikali9624 | 2017-05-19 07:35 | 作品 | Comments(0)

トカラヤギの赤ちゃん

福岡市にある、海の中道海浜公園では、
4月19日に生まれたばかりのトカラヤギの赤ちゃんが公開されています!

それが、

かわいすぎる!!!

e0358976_22303995.jpg
なんともいえないこの表情

e0358976_22175566.jpg

触ったりはできませんが、見た感じとっても柔らかそう・・・でホワホワしてます。

e0358976_22181022.jpg

おかあさんといっしょ。

ちゃんと母が見守っている。

e0358976_22182244.jpg
まだおぼつかない感が残るが、歩いたりもできるようだ。

かわいい。。。

今のところ時間限定で、公開されているそうです。







# by hikali9624 | 2017-05-04 22:28 | 日々のこと | Comments(0)

ももいろペリカン

e0358976_19512058.jpg
先週、久留米で出会ったももいろペリカンを描きました。

「久留米市鳥類センター」という、
鳥をメインにした小さな動物園・・・のようなところにいます。

実物は背の高さが1m近くあるような感じで結構でかく、
存在感がすごい。

スケッチブックを持って近くでじっと見ながら絵を描いていたら、

「クワっ!」
と2回ほど威嚇?されました。。。

# by hikali9624 | 2017-05-01 20:01 | 作品 | Comments(0)

ロックンロールな絵描きです


by ヒカリ
プロフィールを見る
画像一覧