「ほっ」と。キャンペーン

アクリル画、出直し

絵を描くのは昔から好きだったけど、

キャンバスボードにアクリル絵の具、というスタイルで描き始めたのは1年半ほど前から。

完全に自己流です。

なんとなく見よう見まねで描いていたのですが・・・

なんかどうも、思ってたんと違うねんな〜

って感じになることも。


で、最近改めて、

部屋に飾ってあるピカソの絵画(のポスター)を眺めて、

こんな風に描きたい。

と思う。

目指すところが高すぎるよ!!!とツッコミ入れたくなりますが(笑)

目指すのは自由ですから。


で、

改めて出直すことにして、

技法の本とかいろいろ見たり、

ネットで参考になりそうなサイトを見たりして、

アクリル絵の具での描きかたを勉強してみたところ・・・

私なりに気付いたところは、

「下地が重要」

ということ。

ここを作り込んでおくことで
べた塗りじゃなく色が多彩な表現ができるのです。

目からウロコ。

早速やってみた。

e0358976_12042913.jpg
「サインを入れるとそれっぽくなる」というアドバイスにも素直に従ってみたりする。

この描き方はかなり応用していい感じにできそうです!

がんばろう。


# by hikali9624 | 2017-02-19 12:09 | その他作品 | Comments(0)

新作です

e0358976_11502950.jpg


最近描いていた絵が仕上がりました。

ターナーのアクリルガッシュで描きました。


この鳥はつぐみです。

まだまだ寒い日が続きますね。

でも冬は既に春を内包しているのです。


# by hikali9624 | 2017-02-13 19:39 | その他作品 | Comments(0)

1000人ロック

「最近の若者はロックなんて聴かないんじゃない?」と、
日本では言う方もいらっしゃいますが・・・

まだまだ元気に生きてるじゃないかロックンロール!と、

見て感動、元気になったのがコチラ。



日本でもやってくれないかな〜


# by hikali9624 | 2017-02-07 12:18 | 日々のこと | Comments(0)

なんだか好きな場所

特に何があるというわけでもなく、

普通の公園、なんだけど、

なんだか落ち着く。

歩いていると楽しいし、また来たくなる。

そんなとこ。

この日は、もう梅が咲いていました。

e0358976_07304465.jpg

その側にあった小さな川。

こういうとこに魚がいたりするんだよね・・・と思って覗き込んだら、

いた。

e0358976_07305824.jpg
しかも・・・

予想をはるかに上回り『うじゃうじゃいる』レベルだけど???

e0358976_07311104.jpg
わかります?

写真の下の方は水草ですけど、上半分に魚が・・・

しかも1匹だけ、左のほうにめっちゃでかいのがおる。

あ、もしかして。

これが親で、いっぱいいるのは子?


e0358976_07315799.jpg
季節外れの市営プール

e0358976_07321537.jpg
野球場もある

e0358976_07324825.jpg

e0358976_07330260.jpg
プールのとなりは団地

e0358976_07313544.jpg
すぐそばを、JR九州の電車が走って行った。
「かもめ」だっけ?特急の名前。

e0358976_07323367.jpg
貨物列車も通って行く

あと、この日も鳥がたくさんいました。

相変わらず、写真はなかなか撮れずですが。

1羽だけ。

e0358976_07335667.jpg
初めて見た、おなかがオレンジ色の綺麗な鳥。

「ジョウビタキ」っていうらしい。




# by hikali9624 | 2017-02-03 07:35 | 日々のこと | Comments(0)

e0358976_08025443.jpg
だいぶ前のことなんだけど、

ラジオで初めて聴いたチャンピオン・ジャック・デュプリーの曲がなんか気になって、

レコードを探してみたものの、その時は見つけられず。
apple musicで聴いていたのです。

それが、この前、

よく行くレコード屋さんで、ブルーズのところをパラパラ見ていたら、
発見。

しかも、この人のアルバムのなかでも欲しかったやつです。
何故か状態もすごく良い。
レコードは80年代に日本で販売されたもののようですが・・・。

1500円。

その日買ったもう一枚の、the KINKS「Face to Face」は、
中古らしくジャケットはそれなりの色褪せなどがあって1890円。

なんで?知名度?

ま、私もあの日ラジオ聴いてなかったら、
チャンピオンジャックデュプリーさんのことは、もしかしたら
一生知らずに過ごしているかもしれない。

apple musicで他のも聴いたけど、
やっぱりこのアルバムがダントツなんです。

タイトルが、
「Blues from gutter」とあるように、

日本語でいうところの

「どん底」。

テーマ暗!

って感じですけど・・・。

でもただただ嘆くでもなく、哀れむでもなく、

そこに力強さがあるというか。

だから聴き終わった後にテンション下がる感じではないです。

そして最後の曲が、
「STACK-0-LEE」

これ。この曲をラジオで聴いていいなあと思ったんです。



スタッガ・リーというのはアメリカで伝説の悪人・・・実在の人物ですが。
有名な話のようで、曲としてもいろんな人が歌っています。



とか。
検索したらいっぱい出てくる。

悪者だけどヒーロー的な伝説の人なんでしょうか。

それにしても、

スタッガ・リー。

って、なんか聴いた事ある名前だな。
と思ったら・・・

あ!あれだ。

♪スタッガ・リーは言うのさ 今夜港で決着を♪

「アンダルシアに憧れて」ですね。

確か小学生の頃にマッチが歌っているバージョンを聴いて、
「スタッガ・リー」って???
「ボルサリーノ」ってなんやろう???
と思いつつも気にせず歌っていた。

あのスタッガ・リーってスタッガ・リーから来てるの?

マーシー!


# by hikali9624 | 2017-01-29 08:55 | レコード | Comments(0)